梱包TOP > 燻蒸(薫蒸)最新情報 > オーストラリア合板梱包材・ダンネージ材に対する2009年8 月からの新しい輸入規制

オーストラリア合板梱包材・ダンネージ材に対する2009年8 月からの新しい輸入規制

燻蒸不要のLVL材が必要な場合は燻蒸不要のLVL販売ページ

この情報は社団法人日本荷主協会様の許可をいただいて木製梱包の検疫などに関する情報を掲載させていただいております。同様の情報はこちらでもご覧いただくことができます。
当サイトでは、燻蒸(薫蒸)について一般的な事柄を掲載しております。
具体的な個別案件については、お答えしかねますので、詳しくは農林水産省植物防疫所等へご相談ください。


オーストラリア合板梱包材・ダンネージ材に対する2009年8 月からの新しい輸入規制
2009年7月14日(火)

International Standards for Phytosanitary Measures ISPM REPORT No.09‐14

やや専門的な分野のお知らせになります。豪州向けの合板規制に関心のある方だけご覧ください。

5月28日付のISPM Report No.09-10 および09-12 にて、2009年8月1日からオーストラリアではPlywood (合板・LVL材など) に関しこれまでの書式(Manufacturer’s Letterhead)を認めない旨、ご連絡しました。この件に関して、当協会にも日本から出荷するもの、中国工場から出荷するものなどにつきいろいろな質問が寄せられています。

豪州でも、この規則変更を発表以来、検疫局に多くの質問が来たそうです。質問に対する回答の整理と規則周知のため8月1日実施をしばし延期することになったようです。また、規則自体の見直しの可能性もあります。
http://www.daff.gov.au/aqis/import/general-info/ian/09/38-2009

Following the publishing of Notices to Industry 23/2009 and 30/2009, AQIS has received a number of submissions regarding the treatment requirements for plywood/veneer packaging. Until the issues raised in these submissions have been considered, AQIS will continue to accept newly manufactured plywood/veneer statements (as currently required). The Non-Commodity Information Requirements Policy will also be modified to align more closely with current policy requirements.

この内容によると、従来のnewly manufactured plywood/veneer statements 書式をまだ使ってよいようですが、今まで多く使われてきた商品メーカーや梱包会社・通関業者の書式ではだめです。究極の対応策は、合板やLVLを使わないことです。また、ベニヤ材の代替製品の強化チップボードやOSB材を使うことです。

豪州の検疫規則“Cargo Containers”Quarantine Aspects and Procedures 最新版は次のサイトからダウンロードできます。
http://www.daff.gov.au/aqis/import/cargo/aspects-procedures
この最後のページ69ページ目にnewly manufactured plywood/veneer statements書式が載っています。

豪州向けの合板規制に関しては英国森林局が詳しい説明をしています。
http://www.forestry.gov.uk/website/forestry.nsf/byunique/infd-6ablsn#australia

英語がよく読める方のために抜粋をしますと:

Packing material made of newly manufactured plywood/veneer

All documentation presented to AQIS as part of the import process must be:
complete, legible and in English;
free from erasures and non-certified alterations; on manufacturer’s letterhead including company name and address; signed by a representative of the body issuing the document and dated; valid (i.e. manufacturers’ declarations must be less than 6 months old); and linked to the imported consignment by a unique identifier e.g. container number.
In addition, documentation for packaging material made from newly manufactured plywood/veneer must include:
identification of the country of manufacture; the date of manufacture; and a statement that the plywood/veneer has not been pre-used.
Finally, the plywood/veneer must have been manufactured:
within 3 months of export from all countries excluding Fiji, Indonesia, Malaysia, Philippines, Singapore, Thailand, Vanuatu and Western Samoa; or within 21 days of export if the
plywood/veneer has been manufactured in Fiji, Indonesia, Malaysia, Philippines, Singapore, Thailand, Vanuatu or Western Samoa.
Any timber packaging and dunnage not treated in accordance with ISPM 15 or plywood/veneer packaging not accompanied by a valid newly manufactured certification must have been treated offshore with one of the following treatments:
a) methyl bromide# (T9047, T9075 or T9913) (refer to C5154);
b) sulphuryl fluoride# (T9090);
c) heat treatment# (T9912 or T9968);
d) gamma irradiation (T9924) by an approved offshore provider;
e) ethylene oxide (T9020) by an approved offshore provider; or
f) permanent timber preservative treatment (T10023 or T10024) # treatments a) ? c) must be completed within 21 days of shipment or containerisation.
Where the packing material is a combination of both solid wood and plywood there is a requirementthat both components be addressed. This has always been AQIS’s requirement and has not changed due to the new documentation policy.

(updated 25 June 2009)


文責: 日本荷主協会常務理事 河村 輝夫 ted@orion.ocn.ne.jp

燻蒸不要のLVLはこちら

関連情報 (0)

梱包サービスについてのQ&A
セルフ梱包 レンタル梱包 真空梱包(バリヤ梱包) 燻蒸梱包
梱包ネットのお見積りは無料です
梱包無料お見積り
国内梱包お見積り
輸出梱包お見積り
セルフ梱包お見積り

  プラダン


実績があります


梱包TOP > 燻蒸(薫蒸)最新情報 > オーストラリア合板梱包材・ダンネージ材に対する2009年8 月からの新しい輸入規制