梱包TOP > 燻蒸(薫蒸)最新情報 > 梱包材とホルムアルデヒド規制 研究会 ニュース緊急速報

梱包材とホルムアルデヒド規制 研究会 ニュース緊急速報

燻蒸不要のLVL材が必要な場合は燻蒸不要のLVL販売ページ

この情報は社団法人日本荷主協会様の許可をいただいて木製梱包の検疫などに関する情報を掲載させていただいております。同様の情報はこちらでもご覧いただくことができます。


梱包材とホルムアルデヒド規制 研究会 ニュース緊急速報
2009年3月18日(水)

International Standards for Phytosanitary Measures ISPM REPORT No.09‐05

カリフォルニア州当局のホームページFAQ欄に3月17日付で新しい解釈が掲載されました。

この新解釈によれば、パレット、スキッド、木箱、透かし箱、コンテナなど貨物のハンドリング、仕分け、保管、輸送、運送などに使用する木製梱包材にはホルムアルデヒド規制規則は適用しないことになります。

また、輸送貨物の保護に使うダンネージや詰め物についても、規則の適用から外すことになりました。

コンプライアンス意識の高い日本の輸出産業界を悩ませてきたカリフォルニア州の合板規制は木製梱包材についてはひとまず一段落と考えてよいのでしょうか。

私は、今週は中国に出張中ですが、このニュースは、富士ゼロックス(株)の中山氏より連絡を受けました。同氏は、早い段階からこの規制が梱包材にも及ぷことに危機感を覚え、日本の関係業界になんとか早く周知させたいと努力なさっておられました。そうした観点から、加州当局のサイトを頻繁に検索しておられました。この、いち早くの情報ご提供に感謝いたします。

加州当局CARBのサイトはここです。
http://www.arb.ca.gov/toxics/compwood/implementation/faq.htm#C.%20Emission%20Testing


関係部分を抜粋します。

12. Is wood packaging(e.g., pallets, crates)subject to the ATCM?
Since wood packaging may contain composite wood products(i.e., hardwood plywood, medium density fiberboard, and/or particleboard), wood packaging would be"finished goods" subject to the ATCM if one were to take a strict interpretation of the ATCM's definition of "fnished goods." However, it was not CARB's intent to regulate wood packaging as "finished goods." To be consistent with this intent and provide fairness to the regulated community, CARB staff interprets the ATCM as not applying to wood packaging. These products are not subject to any of the requirements of the ATCM.
By "wood packaging" we mean pallets, skids, boxes, crates, and containers used for handling, sorting, storing, shipping, and transporting good.

13. How will packing material, such as "dunnage" or "offal" be considered in the ATCM?
Packing material, also referred to as "dunnage", or "offal"("dunnage" or "offali" is essentially loose, waste material such as composite wood products that are used for packaging or covering shipments in order to protect cargo from damage during transport) is not considered a finished good and is not appropriate for deconstructive emissions testing. Hence, packing material of this type does not need to comply with the regulation.


文責: 日本荷主協会常務理事 河村 輝夫 ted@orion.ocn.ne.jp

燻蒸不要のLVLはこちら

関連情報 (0)

梱包サービスについてのQ&A
セルフ梱包 レンタル梱包 真空梱包(バリヤ梱包) 燻蒸梱包
梱包ネットのお見積りは無料です
梱包無料お見積り
国内梱包お見積り
輸出梱包お見積り
セルフ梱包お見積り

  プラダン


実績があります


梱包TOP > 燻蒸(薫蒸)最新情報 > 梱包材とホルムアルデヒド規制 研究会 ニュース緊急速報