梱包TOP > 燻蒸(薫蒸)最新情報 > Q&A インドネシア向け木製梱包材に関する情報 ISPM REPORT

Q&A インドネシア向け木製梱包材に関する情報 ISPM REPORT

燻蒸不要のLVL材が必要な場合は燻蒸不要のLVL販売ページ

この情報は社団法人 日本荷主協会様の許可をいただいて木製梱包の検疫などに関する情報を掲載させていただいております。同様の情報はこちらでもご覧いただくことができます。


Q&A インドネシア向け木製梱包材に関する情報
2006年11月2日(木)

International Standards for Phytosanitary Measures ISPM REPORT No.06‐43

最近、インドネシア向け輸出貨物の木製梱包材に関するお問い合わせが増えています。インドネシアでは、2006 年5月末にISPM No.15 による輸入木製梱包材の規制を開始する旨、WTO に通報(G/SPS/N/IND/27) しました。当初は6−7 月にでも輸入規制を開始するのかと思いましたが、同国農業省大臣の署名手続きが7 月になっても進まず、2006 年末ごろに導入開始と見込まれていました。

こんなご質問が、メールや電話で寄せられています。

(1) 関西の通関業者ですが、インドネシア向けにはIPPC マークつきの梱包材にした方が良いのでしょうか?
(2) 商社ですが、インドネシア向けの12 月出荷分の梱包指示をどうしたら良いでしょうか?
(3) フォワーダーですが、インドネシアの支店でも現地情報が全く掴めません。何か最新情報を教えてください。
(4) インドネシアでは現在梱包材規制を行っているのでしょうか?
(5) 中国からインドネシアに輸出するのですが、合板の梱包材なら大丈夫でしょうか?

回答

インドネシアでは、梱包材輸入規制を開始すると今年5月末にWTOにSPS通報をしましたが、実際には2006年末ごろに導入するだろうと言われていました。しかし、まだ導入実施日は発表されていません。また、同国規則では、Packing Declaration の書式を輸入通関時に要求することになっていますが、まだ、その書式も公表されていません。そんなことから、どこの国の検疫局も輸出者に対して具体的な注意を呼びかけていません。従って、結論としては、消毒処理やIPPC マークなしで輸出しても大丈夫な筈です。
日本の農水省HP もご参照ください。特段の記載は本日現在ありません。
http://www.pps.go.jp/konpozai/index.html

念には念を入れたいと言うことであればですが:−

英国森林局では、インドネシア向けは、念のためISPM No.15 対応にしておいた方が宜しいと、Web Page に記載しています。
http://www.forestry.gov.uk/forestry/infd-6ablsn#Indonesia
また、同サイトでは、Packing Declaration も付けていた方が良いだろうと示唆し、書式として豪州のものをサンプルにしています。(どうしても書式が必要であれば、下記、荷主協会事務局にメールにてお問い合わせください。)
英国では、万全を期すためにこのようにしていますので、貴社におかれても、梱包をISPM No.15 仕様にして、Packing Declaration も作ってバイヤーに送ることも一法かと思います。

もし、私が輸出担当者だったとしたら、バイヤー側に「梱包材の輸入規制は何時から実施されるのか?もし、消毒処理やマークが必要なら、その法律の根拠などを知らせて欲しい。何時何時までに返事がなければ、従来通りに船積みする。」との質問・通知を入れるでしょう。明確な返答はない筈ですから、何もしないで船積みすることになるでしょう。

私は、11 月下旬に国際会議でインドネシアに行きます。その際に、現地検疫局に当たって、詳しく状況を聞いてきましょう。商社やフォワーダーの現地出先の方たちでも、どこに聞いたら良いのか皆目見当が付かない実情と聞いています。

お問い合わせはinfo@konpo.netまで

燻蒸不要のLVLはこちら

関連情報 (0)

梱包サービスについてのQ&A
セルフ梱包 レンタル梱包 真空梱包(バリヤ梱包) 燻蒸梱包
梱包ネットのお見積りは無料です
梱包無料お見積り
国内梱包お見積り
輸出梱包お見積り
セルフ梱包お見積り

  プラダン


実績があります


梱包TOP > 燻蒸(薫蒸)最新情報 > Q&A インドネシア向け木製梱包材に関する情報 ISPM REPORT