梱包TOP > 燻蒸(薫蒸)最新情報 > 輸入木製梱包材の検疫規制導入に関し 輸入植物検疫規程の一部改正に関する公聴会の公示

輸入木製梱包材の検疫規制導入に関し 輸入植物検疫規程の一部改正に関する公聴会の公示

燻蒸不要のLVL材が必要な場合は燻蒸不要のLVL販売ページ

この情報は社団法人日本荷主協会様の許可をいただいて木製梱包の検疫などに関する情報を掲載させていただいております。同様の情報はこちらでもご覧いただくことができます。


輸入木製梱包材の検疫規制導入に関し
輸入植物検疫規程の一部改正に関する公聴会の公示
2006年9月1日(金)

International Standards for Phytosanitary Measures ISPM REPORT No.06‐36

ISPM Report No.06-31にて、『農林水産省は2006年8月15日付けで、公聴会開催の官報公示を行い、あわせてパブリックコメントの募集(8月15日〜9月15日まで)を開始しました』とお知らせしました。
また、我国における輸入木製梱包材の検疫規制導入に関し、全国の植物防疫所においても説明会を開催中です。http://www.maff.go.jp/www/public/public.html

2006年8月15日付の官報に掲載された「輸入植物検疫規程の一部改正に関する公聴会の公示」を、ここにご紹介します。

輸入植物検疫規程の一部改正に関する公聴会開催に関する公示

植物防疫法(昭和25年法律第151号)第11条第2項において準用する同法第5条の2第2項の規定に基づき、下記のとおり公聴会を開催することを決定したので、植物防疫法施行規則(昭和25年農林省令第73号)第1条第1項の規定に基づき、公示する。

平成18年8月15 日
農林水産大臣中川昭一


1.日時平成18年9月13日午後2時から
2.場所東京都千代田区内幸町2丁目1番1号飯野ビル内農林水産省飯野第1会議室
3.意見を聴こうとする事項輸入植物検疫規程(昭和25年農林省告示第206号)第6条の検疫の対象とならない植物に、所定の条件を満たした木材こん包材を加えることについて
4.議長農林水産省消費・安全局植物防疫課長
5.意見公述の手続意見を述べようとする者は、次の事項を記載した農林水産大臣あての文書を平成18年9月6日までに、農林水産省消費・安全局植物防疫課(郵便番号100`8950 東京都千代田区霞が関1丁目2番1号)へ提出すること。
(1)氏名及び住所
(2)議題に対する意見の概要(意見及びその理由)
6.留意事項(以下、省略)

詳細に関するお問い合わせへの回答は、当協会メンバー企業の方々への限定サービスです。

お問い合わせはinfo@konpo.netまで

燻蒸不要のLVLはこちら

関連情報 (0)

梱包サービスについてのQ&A
セルフ梱包 レンタル梱包 真空梱包(バリヤ梱包) 燻蒸梱包
梱包ネットのお見積りは無料です
梱包無料お見積り
国内梱包お見積り
輸出梱包お見積り
セルフ梱包お見積り

  プラダン


実績があります


梱包TOP > 燻蒸(薫蒸)最新情報 > 輸入木製梱包材の検疫規制導入に関し 輸入植物検疫規程の一部改正に関する公聴会の公示